代表取締役社長の都築寛史が育てたリンクスが人気【安全性も考慮】

Menu

トップの人柄による成長

男の人

スタッフの質が高い

都築寛史氏が代表取締役社長をしている男性専用脱毛サロンのリンクスは、2008年に創業から歴史は短いものの現在では全国に店舗を展開し、男性の脱毛ならばリンクスと言われるほどの知名度があがっています。代表取締役社長の都築寛史氏は21才でリンクスを開業していて、これまでの男性が施術を受ける脱毛サロンというと女性向けで脱毛を行っていた大手美容外科や脱毛サロンが派生した形で設立されましたが、リンクスは若い代表取締役社長の都築寛史氏の感性と情熱で今までにない男性にとって快適な空間で施術を受けられることで次々とファンを増やしていきました。代表取締役社長の都築寛史氏は顧客サービスを向上させるために、ただ安価にするだけでなく、安全性と効果を徹底的に追及するスタイルをとっています。新しい脱毛技術が生まれるといち早く利用できるかどうかを判断し、使えると判断したときにはどこよりも早く機器や技術を採用するようにしています。男性専用脱毛サロンのリンクスのスタッフの質が高いと評判になっています。スタッフの教育はただ厳しくするのではなく、都築寛史氏が愛情を注いで育て上げています。厳しくするだけでは、顧客に対して本当のサービスを提供しようとする心は生まれず、会社のトップが社員に対して優しくできる会社は、スタッフから顧客へも愛情が伝わりやすいとされています。都築寛史は若くして、全国展開する脱毛サロンの代表取締役社長をしていますが、付き合いにくさが全くなく、人情味あふれた人柄でリンクスを支えています。

Copyright© 2018 代表取締役社長の都築寛史が育てたリンクスが人気【安全性も考慮】 All Rights Reserved.